「さようなら…全てのエヴァンゲリオン」独・占・配・信!

【天然石ゴムブレスの作り方】ゴム交換は簡単!100均の材料でOK

パワーストーンブレスのゴム交換 作り方パワーストーン
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

パワーストーンブレスshop『miyanami堂』のみやなみ(@miya_nami_8)です。
ミヤナミブレスはフリマアプリを利用した完全ネット販売の為、ゴムの修繕のサービスは行っておりません。

べあ
べあ

えっ、ブレスゴムって消耗品だよ?切れたら使えなくなるじゃない。

みやなみ
みやなみ

ご安心ください♡
この記事を読めば自分でブレスゴム交換ができます!

この記事はハンドメイドに無縁で生きてきた人が、パワーストーンブレスのゴム交換ができるようになる記事です。

100均でブレス用のゴムは買える

100均のハンドメイドコーナーで

ダイソーなら「ゴムテグス」
セリアなら「のび~るテグス」

を探しましょう。
「ゴムテグス」 と 「のび~るテグス」 は商品名の違いだけで同じものになります。

男性やハンドメイドに自信がない人におすすめのやり方があります。
とにかく簡単で3歳児でもゴムブレスが作れちゃう。

詳しい作り方は参考サイトへ👇

ゴムの太さは1.0mm~0.5mmの範囲でビーズの穴にさえ通ればお好みで大丈夫。

私のおすすめは0.8mmですね。
1.0mmは小さな天然石ビーズの穴に通らない可能性があるのと、結び目が目立つのが気になるのが理由です。

みやなみ
みやなみ

間違ってただの「テグス」は買わないでくださいね!
まったく伸びませんよ。

メリット

・特別なやり方を覚える必要がなく、きゅっとしっかり2回結ぶだけで簡単。
・透明の糸なので水晶などのクリアな石が綺麗に見える。

デメリット

・結び目がすべってほどけやすい。→ボンドで対策
・仕上がりが緩くなりやすい。→結びを内側と外側から引っ張って締める
・ゴムが切れた時にビーズが周囲に飛び散る。

「シリコンゴム」でもOK

「伸びるテグス」と同じような商品です。
0.8mmを選べば「シリコンゴム」でも先ほどの記事と同じ作り方でまったく問題ありません。

みやなみ
みやなみ

ビーズ通して結ぶだけ♪

ダイソーの「繊維状ゴムテグス」orネットで「オペロンゴム」を買う

「繊維状ゴムテグス」と「オペロンゴム」は同じものになります。

パワーストーンshopでよく使われている人気の「オペロンゴム」は、白い極細繊維が束状になっており、柔らかくしなやかなのが特徴です。

繊維が少しずつほつれて劣化するため、切れる前に修理ができ、ふいに切れてしまってもビーズと糸がくっついていることが多く、飛び散ったり紛失しにくいのが最大のポイント。

個人的には一番使いやすい仕上がりになります。
「手先に自信のある」「本格的に修繕したい」方は挑戦してみてください。

しなやかな繊維状の白い糸で伸縮性があり、2~4重どりで強度を上げ、ワイヤーを使ってビーズに通していきます。

詳しい作り方は参考サイトをどうぞ👇

ネットで購入すると簡単に道具が揃う

ビーズブレスレット修理作成解説書ビーズ通しのワイヤーまで付いてくるのは嬉しいです。

オペロンゴムを使用する場合、初心者が困るのがワイヤーの入手と作り方なので、最初はセットになっているものを購入しましょう
太さや、糸の種類の間違いにも気をつけてくださいね。

みやなみ
みやなみ

似た商品がいっぱいあって、どれを選べばいいのか分からないですよね。わかります。私も初めては困りましたから。

ちなみに
miyanami堂ではオペロンゴムを4重どりでビーズを通し4回結んでしっかりめに仕上げています。

メリット

・ 繊維が少しずつほつれて劣化するため、切れる前に修理ができる。
・ ふいに切れてしまってもビーズと糸がくっついていることが多く、飛び散ったり紛失しにくい。
・適度にハリがありつつ、しなやかな仕上がりにできるため使用感がいい。

デメリット

・ビーズ通しのワイヤーが絶対に必要。
・作り方に手順がある。
・不器用さんには難しく感じる。

遅かれ早かれゴム交換問題はやってくる

ブレスのゴムは消耗品です。
何かの拍子に必ず切れる時がやってきます。

まだ役目が終わっていない、パワーストーンブレスがゴムの都合だけで使えなくなるのは悲しいですよね。
交換は簡単にできますので、この機会にゴムブレスの作り方を覚えてしまいましょう。

パワーストーンは持ち主の愛情によって、石と私たちの間にエネルギーの繋がりができます。
そして、人生を切り開けれるように力を貸してくれるのです。

何でもそうですが、無関心なものからは良い影響を受けられません。
意識というエネルギーが向かっていなければ、内からも外からも反応が返ってこないのは当たり前で、
特にパワーストーンは「人の念を記憶する」、というエネルギーに敏感な性質を持っています。

石に一方的に幸運を求めるばかりじゃなく、
「綺麗だな」
「護ってくれてありがとう」
などプラスのエネルギーを与えてあげて、愛してあげてください。

石はよりパワーを高め、輝き、あなたの為に役に立ってくれますから。
ほんの少しの手をかけてゴムを交換してあげれば、より石との絆が深まるにちがいありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました