【タロット占い】スリーカード・オラクルのやり方(3枚引き)

目次

タロットのスプレッドとは?

タロットの「スプレッド」(展開法)とはカードを置く場所に意味付けをし、特定のかたちに並べて占うこと
占いたい質問に適したスプレッドを使えば、より深いリーディングができるようになります。

スプレッドには非常に多くの種類があり、タロティスト(占術者)によってオリジナルのスプレッドを開発しているのもよく見られます。

たとえ同じスプレッドであっても、タロティストによっては配置の意味付けが違っていたりしますので、シャッフル方法と同様に初心者が最初につまずく部分かもしれません。

スリーカード・オラクル「過去・現在・未来」

ワンオラクルの進化版。
ワンオラクルのリーディングに慣れたらスリーカード・オラクルに挑戦してみましょう。
「過去・現在・未来」のスプレッドはタロット占いの定番と言えるでしょう。
このスプレッドは高度なスプレットの基盤となりますので覚えておくといいです。

スリーカード・オラクルは「問題解決」に適している
・【過去】原因が表れる
・【現在】今、どんな状況か
・【未来】起きる可能性の高い未来

3枚のカードを時系列でみていきましょう。
過去、現在のカードが未来にどのように影響を与えているかを読み取ります。
今できる対策、未来への心構えを伝えて相談者を良い方向に導くのがタロティストの役割です。

スリーカード・オラクル(3枚引き)のやり方

【質問】
最近新しいビジネスを始めました。このまま突き進んで成果を出せるでしょうか?

シャッフル後、上から3枚のカードを引きます。

鑑定結果

左から順番にカードを置いて行きます。
めくる時も左から順にめくりましょう。

【過去】魔術師
【現在】力(逆位置)
【未来】月(逆位置)


「自分の可能性にかけてみたい」と、これまで培った経験、想像力、応用力をもって新しいものを創りだそうとスタートした様子が【過去】にうかがえます。

未知の分野にチャレンジしているんですね。
困難は承知の上だったはず、「自分には何もない」なんて考える暇があったらできる限りをつくしましょう。
創造を止めてしまうとあなたの才能は発揮されません。
結果はいつもあとからついてきます。
奇跡は待つものじゃなく起こすものです。

結果を急ぐ気持ちは分かりますが、実力がまだ追いついてきていません。【現在】は修行の時です。
地道に経験を積み、基盤づくりに専念しましょう。そうすることによって強がりとは違う本当の自信がつき、良い方向に物事が進んでいきます。
焦りは禁物だとカードが伝えています。

手ごたえがないために、「本当にこれでいいのか」という不安を【未来】ではさらに抱えてしまっているようですね。
不安という正体の知れないものの原因は外ではなく、実は内にあります。
目をそらさず、ネガティブと向き合うことで現実性のある改善策が見つかる暗示です。

みやなみ

タロットで視れる未来は3~6ヶ月先だと言われています。
もっと先を視ることも可能ですが、的中率は下がります。

「対策」「アドバイス」「結果」と呼ばれる位置のカード

もっと具体的なアドバイスが欲しい時は、カードの山からさらにもう一枚引いてみましょう。

引いたのは
「対策のカード」「アドバイスカード」「結果のカード」
など多様な呼ばれ方をするカード。
意味はどれも同じようなものです。

「対策のカード」「アドバイスカード」として引いたのに、さらに先の未来の結果が見えてくることがあります。

「結果のカード」として引いてもアドバイスの意味が込められていることも多いです。

他のカードとの関連性から読み解きましょう。

みやなみ

呼び方で難しく考えず、ひとくくりにして「アドバイス」になることをカードが伝えてきます。

鑑定結果(アドバイス)

【対策】太陽
始まりが創造性の【魔術師】、最後に生命力の【太陽】という結果になりました。
どちらもあなたが潜在的な可能性を秘めていることを示すカードです。

現在の困難と不安を乗り越えれば、エネルギーに満ち溢れ、今まで出来なかったようなことをやってのけるパワーを手に入れるでしょう。

子供が無邪気に遊びを楽しむような、明るい気持ちで積極的にチャレンジしていくことで「素晴らしいものを生み出せる」とカードが伝えています。

すぐにとはいきませんが、このまま突き進んだ先で成果を感じる可能性は高いと言えます。
焦らずくじけず、成功までの道のりを楽しんでみてください。

タロットの腕はスキルだけでは磨かれない

スリーカード・オラクルのリーディングが深くできるようになれば、趣味レベルでは実力がある方です。
無理してスリーカード・オラクル以上に難易度の高いスプレッドを覚えなくてもいいくらいだと思います。

タロットの扱いからはじまり
人の心に寄り添い…
タロットが伝えていることを読み取り…
複数のカードの関連性から物事の本質を見抜き…
悪いことも受け入れ…
人生を好転させる方向に導く…

というのは、単に「占いをする」スキルだけではありません。

タロット知識だけでなく、「人への愛」「感性」「想像力」「人生経験」というタロティスト本人の中身が育たないと、同じスプレッドでも浅い占いしかできません。

恋愛にも共通する部分がありますよね。
恋愛ノウハウだけを集めても浅い恋愛しかできないように。
前提として相手を愛することを知って
心が育っていかないと、どれだけ経験を重ねても深い愛になりようがないんです。

大丈夫。
タロットはあなたを映し出す鏡。
タロットからのアドバイスを受け止めて、現実世界に活かしていけば自然と成長します。
毎日を大切に生きること。
それと比例してタロティストとしての腕も磨かれるでしょう。

シェアしてくれると嬉しいです
目次
閉じる