年に一度のプライムデー【6/21㈪・6/22㈫】事前エントリー→

【入門】600年前からあった!?タロットの世界と歴史を学ぶ

タロットカード
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タロットカードとは

タロットカードは日本では主に占いの道具として利用されています。

ヨーロッパ大陸部では、タロットは現在でもゲームに使用されており、トランプのように様々な遊び方があります。

78枚1組がもっとも一般的で、その内訳は1から10までの数札に、王、女王、騎士、王子の人物札を加えた56枚の小アルカナと、1~21までの絵札に愚者を加えた22枚の大アルカナに分けられます。

日本では小アルカナは大アルカナに比べ認知度が低く、一般語のタロットは大アルカナのみを指す場合があります。

みやなみ
みやなみ

大アルカナ22枚のみでタロットカードが販売されていたり、この大アルカナのみで占う手法もあるぐらいだよ!

大アルカナと小アルカナで1デッキ78枚

大アルカナ

22枚の大アルカナには、人が生を営むうえで影響を受けるであろう、さまざまな力の象徴が描かれています。

その影響力は、物理的なもの、精神的なもの、両方に与えられるとされます。

単純に影響を受けるから良い悪いという話ではありません。

22枚のさまざまな力から影響を受けることで、人は修行し精神的成長を遂げていきます。

つまり、0~XXI(21)の順番は達成というゴールに向かって進んでいく世界観を表現しているのです。

0「愚者」は物語の始まりを表すことばかりではありません。

1からスタートして0に帰るという考え方から、
0「愚者」はXXI「世界」の後に持っていくべきという意見もあります。

他にもXX「審判」とXXI「世界」の間に置くべきだ、など
タロティストの価値観により変わります。

みやなみ
みやなみ

みやなみ的に
めっちゃどちらでもいい

「0からのスタート」っていう言葉もあるくらいだから、複雑に考えなくても…とは思うけど。

ただ「愚者」は大アルカナの中でも特殊な扱いを受けるってことだね。
これだけ覚えておこう!

小アルカナ

左からワンドの2、ペンタクルのキング、カップのエース

小アルカナにはスートと呼ばれる4種類のマークが示されています。
それらは人間が生きのび、発展していくために必要となる道具の象徴です。

小アルカナは、4種類のスートが各14枚で構成された、計56枚のカードです。

1スートの内容は、エース(1)から10までの数を表す「ニューメラルカード」10枚と、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4人の人物を表す「コートカード」4枚の、合計14枚になります。

みやなみ
みやなみ

小アルカナは構成がトランプに似てる。
っていうか「ペイジ」抜けば完全にトランプじゃん。

べあ
べあ

タロットもトランプも起源がいつ、どこ、なのか歴史が古すぎて分かってないんだよー。
偶然にしては似すぎだから関係性はありそうだよね。

小アルカナに描かれた4つのスート

4つのスートは4大元素という火・地・風・水の属性があります。

火のエレメント

ワンド(棒)
「ワンド」は棒または杖、こん棒を表し、人間のもっとも原始的な力の象徴です。

人が猿からの進化の過程で、初めて手にしたであろう「道具」が「棒」であり「杖」なのです。

人はそれを振るうことによって敵を倒したり、食物を得たりして生き延びました。

火をおこす道具、住居を築くための建材、ただの木の棒であったワンドの用途が徐々に発展していきます。

そうゆう意味から
生きる気力、創造力、向上心、強い意志、情熱といった、人間が生きていくうえでの根源的な意欲の象徴を示しています。

地のエレメント

ペンタクル(金貨)
「ペンタクル」とは五芒星(ごぼうせい)形のことで、護符や紋章を表す物の価値の象徴です。

財力や地位を誇示するためのものですから、経済面に関する事柄を示すことが多く、そのためよく金銭の象徴として扱われます。

ただ「物の価値」は人によってさまざまで、権力やステイタスを表す場合もあります。

風のエレメント

ソード(剣)
「ソード」は物や、獣、あるいは人間をも切りつける武器としての道具を意味します。

ワンドがただの木の棒であったのに対し、ソードは金属を加工して作られた人工的な道具であることから、人間の進化の象徴となります。

ただ生きているだけの存在から、自らの手で道具を加工し、知恵によって快適に生きることを目指した人間たち。

しかし、知恵をもち武器を備えた人間は、生きる以外の目的でも他者を攻撃するようになり、争いも絶えなくなります。

進化にとって欠かせない剣などの武器は、同時に己の身を滅ぼす道具にもなり得る、まさに諸刃の剣なのです。

水のエレメント

カップ(聖杯)
「カップ」とは、実用的な食器であると同時に、儀式にも用いられる聖なる道具。人の情動や絆を表します。

カップの中に入れられるのは「液体」ですから、流動的であり、常に移ろいやすいものです。

バランスを崩せばこぼれてしまい、少しの揺れによって大きな波紋がもたらされます。
それはまさに人間の感情に通じるところでしょう。

また、同じカップから飲み物を回し飲み分かち合う行為から、人と人との絆、共感、仲間意識、シンパシーを示すこともあります。

タロットカードの歴史

タロットの起源古代エジプトや古代ユダヤとする説もありますが学問的な根拠は無く、発祥は不明です。

記録上で残っているのは1392年のフランス王「シャルル6世のタロット」が最古。しかし記録のみでカードは現存していません。

次いで古いのは、1415年にフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ公爵が秘書トルトナに作らせたという「ミンキアーテ版」です。

べあ
べあ

ヴィスコンティ家は、
中世末期の1277年から1447年までミラノを支配したイタリア北部の貴族の家系だよ。
13世紀には一族からローマ教皇グレゴリウス10世をだした、
すごーい家系なんだ。

これも当時のものは現存していませんが、後世に作られた複製が残っており、内容を知ることはできます。

現在の大アルカナの「枚数・順番・名称・絵柄」は当時まだ確立されていなかったことがわかります。

みやなみ
みやなみ

神様のチカラを降ろす神秘的なものだと思っていたのに、なんだかショック…

タロットカードは権力者のお遊戯として生まれたんだ…

べあ
べあ

みやなみちゃん。
ショック受けるのはまだ早いよ。

ちなみに最古のタロットのシャルル6世は「狂王シャルル」の異名を持つくらい、精神病で王国を治められる状態じゃなかったんだ。

みやなみ
みやなみ

えっ。
いきなりヘビーなんだけど…!

王の苦しみは想像を絶するのかも。

国民の命、生活、発展と他国からの守り、国すべての責任を負う重圧は計り知れないもんね…

それに信頼した人から裏切りにあうのも日常だろうし…

「合わなかったんで国王やめます!」っていうわけにはいかないもんな~。

べあ
べあ

親政しはじめた頃は、
国民からの尊敬を集め「親愛王」と名声高かったのに、
20代半ばで精神がおかしくなってしまったんだよ。

遺伝性の病気だと言われてるけど、
ボクが思うには
遺伝だけが原因だったら子供の時から症状が出ていて王になんてなれないと思うんだー。

みやなみ
みやなみ

たしかに…
ストレス過多は脳にダメージ負うもんね。
身体が壊れる人もいれば、精神が壊れる人もいる。
人によって影響がでる場所がちがうよね。

べあ
べあ

最古のタロットは精神が不安定な王を「慰めるため」に、金色や鮮やかな色を使った絵を画家に描かせたんだよ。

みやなみ
みやなみ

うう~~~~(泣)
狂っても王様として大事にされていたんだね…
タロットは人の優しさからできたんだ…!

べあ
べあ

可哀相だけど国民だったら仕事しない王はいやじゃない?

みやなみ
みやなみ

うん。王様チェンジ。

タロットは600年前から現代まで人々に愛されている

タロットは16世紀頃から木版画の量産品が出回るようになり、徐々に庶民へ、全ヨーロッパへと普及して行きました。

特にタロットゲームによるギャンブルは盛んで、風紀を乱すという理由から何度も禁止令が出たようです。

べあ
べあ

16世紀までは貴族や富豪などの上流階級だけが、画家にタロットの絵柄を手描きで作製させていたよ。

ゲーム用として作られ、その遊びのひとつで占いもしたのだろう、と一般的に考えられているんだ。

記録が残っているわけじゃないから、ただの観賞用だったのかもしれないし、どうゆう用途だったのか正確なことは不明なんだよ。

みやなみ
みやなみ

タロットは不明だらけだな。

確実なタロット占いの記録が文献に現れるのは18世紀以降のことです。

18世紀頃にはミラノ辺りでも生産されましたが、
当時一大生産地となったマルセイユにちなみ「マルセイユ版タロット」と呼ばれます。

現代も利用されているマルセイユ版タロットの絵柄

この頃はまた、ちょうどフランス革命前後の不安定な社会を背景に、占い師エッティラが活躍していた頃に重なり、タロットを神秘的なものと見る風潮が高まって占いにも多用されるようになっていきました。

べあ
べあ

この占い師エッティラ
「神秘主義系タロットの開祖」。
カードに神秘主義的な意味付けをしたり、小アルカナの4スートに、四大元素を当てはめるなどタロット大革命を起こした人物なんだ。

みやなみ
みやなみ

200年前からタロット占いが愛されているってすごいよね…!

べあ
べあ

占いとして確立してからも古いけど、
最古のタロットになると約600年前だしね。

みやなみ
みやなみ

はじまりはゲームだったかもしれないけど、時代に合わせて進化していったのが分かったよ。

古くからタロットカードは人々の生活の役に立ってきた証拠だね!!

スポンサーリンク
タロットカード
みやなみをフォローして開運
スポンサーリンク
ぱしょふる。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました